産み分けにゼリーを使用するとき - 自力でできる産み分けとは?

自力でできる産み分けとは?
自力でできる産み分けとは? > 産み分けにゼリーを使用するとき

産み分けにゼリーを使用するとき

夫婦でどうしても希望する性別の子どもを産み分けたいと言う意識があるときには、ハローベビーなどのゼリーを使用することで、希望通りの子どもが授かる可能性が上がります。
お互いの思いや子育てを含めて合意を得られなければ、夫婦の関係に溝が出来てしまいます。
それが授かった子どもにも影響してしまうと、虐待などの問題が起こってしまう可能性も出てきます。
なので、夫婦が納得して同じ方法を向いて進み、それによって幸せを得られるように、ゼリーを使用して産み分けを行います。

話し合った結果、男の子を希望する場合は、グリーンゼリーやハローベビーボーイを使用することをおすすめします。
また、女の子を希望する場合は、ピンクゼリーやハローベビーガールを使用することをおすすめします。
どちらも通販で購入することができますが、グリーンゼリーとピンクゼリーは中国製で、使用する注入器は繰り返し使用するので、その都度殺菌消毒を行う必要があります。
また、成分は企業秘密で非公開となっています。

ハローベビーボーイとハローベビーガールは日本製となり、全て1回きりの使い捨てとなります。
成分は食品に使われるものを使用していて細かく表示されています。
なので夫婦で話し合い、よく考えて選ぶ必要があります。
希望する性別を期待したいというだけでは、思いが揺らいでしまうこともあったり、好みだけで判断してしまうと、夫婦の間で考え方に差が生まれてしまうかもしれません。
どうしても産み分けたいと言う思いがあるからこそ、ゼリーを使う意味が生まれ、これからの子育てにもプラスとなっていくことでしょう。

夫婦で産み分けを行うときは、勝手に判断をして結果だけを求めるのではなく、夫婦で納得して妊娠に向かうということが、これから協力して子どもを大切にする環境を作り上げていくことができるのです。