自力で女の子を産み分ける方法 - 自力でできる産み分けとは?

自力でできる産み分けとは?
自力でできる産み分けとは? > 自力で女の子を産み分ける方法

自力で女の子を産み分ける方法

女の子を産み分ける方法は、X染色体を持つ精子で受精することが必要となるため、X染色体が有利になるような環境に整えてあげる必要があります。

X染色体を持つ精子は、酸性の環境に強いのが特徴です。
なので、膣内の酸性が弱くなる排卵日に性交をするのではなく、酸性が強く保たれている2日前に性交をするのが良いと言われています。
なぜ排卵日の2日前なのかというと、射精によって放出されたXの精子は寿命が長いが、Yの精子は子宮膨大部に先に到着しても2日間排卵を待つあいだに死んでしまうので、結果Xの精子が受精する確率が高くなるということになります。

しかし、排卵日の2日前を推測するのはとても難しいことです。
そのためには、ストレスを避けたり、規則正しい生活を行うことで月経周期をできるだけ一定に整え、排卵日を予測しやすい体調に整えることが大切になります。
また、基礎体温をつけたり、頚管粘液の状態の観察や排卵検査薬を使用するなど様々な情報を元に排卵日2日前を特定していきます。
市販の検査薬も販売されていますが、2日前を推定することはできないので、より精密な検査薬を希望するのであれば、産み分け指導をするクリニックで購入する必要があります。

男性の精子の数が増えるとYの精子の比率が高くなると言われているので、精液を溜め込まないように3日に1回少なくても1週間に1回は射精をしておいたほうが良いと言われています。
そのように精液を薄めるための性交の時は、必ず避妊をすることをおすすめします。

Xの精子は、酸性に強いという特徴からも、女性があまりオーガズムを感じることがないように、刺激の少ない短時間の性交での射精が望ましいです。
オーガズムを感じてしまうと、アルカリ性の粘液が分泌されて膣内が中性に傾いてしまい、Yの精子が活動しやすい環境になってしまうためと言われています。
また、排卵日2日前に性交を行った場合、最低でも1週間は、避妊具を使用していくことが大切です。
排卵日2日以降に射精された精子は、男の子に有利なY精子が受精する可能性が高くなるからです。