自分で男の子を産み分ける - 自力でできる産み分けとは?

自力でできる産み分けとは?
自力でできる産み分けとは? > 自分で男の子を産み分ける

自分で男の子を産み分ける

男の子を産み分けるためには、Y染色体を持つ精子で受精することが必要となるため、Y染色体が有利になるような環境を整えてあげる必要があります。
Y染色体を持つ精子は、X染色体を持つ精子に比べて泳ぐスピードは早いのですが、酸性の環境に弱くて寿命が短いという特徴があります。

女性の膣内は通常酸性ですが、排卵日には酸性度が最も弱くなりYの精子にとっては、活発に動くことができる日となり、受精する確率が高くなります。
なので、排卵日に性交をするのが良いと言えます。
また、Yの精子が受精する子宮膨大部に行き着いてもなかなか排卵が行われなければ、それをまたなくてはなりません。
しかし、Yの精子の寿命は24時間と言われていることもあり待っている間に死んでしまう可能性もあります。
そのことも含め、性交は排卵直前であることが望ましくなります。

Yの精子が受精する確率を上げるためには、できるだけ多くの精子を送り込む必要があり、最もシンプルな方法としては、禁欲をすることです。
射精する回数を減らすことで、精子が蓄積されて1回の射精で放出される精子の数も増えることになります。
しかも、XとYの精子の比率は、1対1ではなくて精液中の精子の数が多くなるとYの精子の比率が上がると言われていて、禁欲をすることで、Yの精子の量を増やすことができるのです。
禁欲は、5日間ぐらいを目安とするとよいでしょう。
しかし、禁欲の期間が長すぎると逆に精子の受精能力が低下してしまうので気をつける必要があります。
また、Yの精子は、熱に弱いという性質があるので、熱いお風呂やサウナに長い時間はいるのはあまり良くありません。
体に熱がこもらないような下着を着けることも大切です。

Yの精子を受精させるためには、膣内の酸性度をなるべく低くなるような環境をつくることが大切です。
女性が性的刺激を受け、オーガズムを感じることで、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されて、酸性だった膣内が中和されることになります。
なので、女性がオーガズムを感じるような濃厚な性交をすることでYの精子にとって有利となる環境を作ることができます。
その際、男性器をなるべく奥まで挿入してから射精をすることで、Yの精子は、酸性の膣内を長く泳ぐこともなく子宮膨大部にたどり着くことができます。

射精のあとは、精液がこぼれないように30分ぐらいは、挿入したままの状態で過ごし、女性は、3時間以上足を閉じて静かに眠りにつくと妊娠しやすくなるようです。