男の子を産み分けるためのゼリー - 自力でできる産み分けとは?

自力でできる産み分けとは?
自力でできる産み分けとは? > 男の子を産み分けるためのゼリー

男の子を産み分けるためのゼリー

男の子を産み分けるためには、膣内環境をアルカリ性に傾ける必要があります。
そして、そのような作用があるのがグリーンゼリーとなります。
これは、海外で作られているもので、日本製の商品は、ハローベビーボーイという名前です。

男の子を授かるためには、男性の精子のY染色体が受精しなければなりません。
Yの精子は、アルカリ性の膣内だと活発に活動するのでそのような環境を作ることが必要となります。
しかし、女性の膣内のph値には個人差があり、酸性が強い人やオーガズムを感じてもおりものの分泌物が少なくアルカリ性に傾きにくいという人も存在します。
そのような時に、膣内環境をアルカリ性に傾けるためのアイテムとして用いられているのが、グリーンゼリーです。
原料は、食品なので女性の体や男性の精子にも優しく副作用はないと言われています。
そして、グリーンゼリーは、女性の膣内に注入することで人工的に膣内環境をアルカリ性に保つことができるので、Y精子が生き残り男の子が産まれる確率が高くなるということです。

グリーンゼリーは、約5回分のゼリーが入っていて使用期間が購入してから2年間となっています。
また、その際に使用したシリンジは、熱湯で洗って繰り返し使用することとなります。
このゼリーを使用した時の産み分けの確率は、70~80%と言われていて購入費用はかかりますが、手軽に行えることからこの方法を試す方は増えてきています。
一部の産婦人科のみで購入できますが、オークションなどでも出ていることもあります。
しかし、衛生面や保管状態を考えると、オークションでの購入はあまりおすすめすることはできません。
日本製のハローベビーボーイは、正規販売店のオンラインショップがあり、価格もグリーンゼリーより少し安くなります。

また、グリーンゼリーと併用することで、90%もの確率を得ることが出来るものに、リンカルという錠剤があります。
赤ちゃんの先天性異常を予防するためのサプリメントとして使用されていたのですが、使用した女性が授かる子どもがほとんど男の子だったことから、現在は男の子の産み分けに使用するようになりました。
産婦人科で処方してもらうことができますが、飲み忘れないように1日4錠を服用することが必要となり、2日間飲み忘れると効果はなくなるので、初めからやり直すこととなってしまいます。